【食戟のソーマ】 激選・最高にかっこいいシーン発表

主人公・創真を始め、実力を持つ料理人たちが研鑽し合う料理バトル漫画「食戟のソーマ」。
今回はそんな「食戟のソーマ」の最高にかっこいいシーンをまとめてみました。
「食戟のソーマ!かっこいいシーン」としてご紹介いたします!

『食戟のソーマ』概要

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊によって週刊少年ジャンプに2012年から連載されている漫画作品。2015年4月にはテレビアニメが放送開始され、スピンオフ作品や小説も発売されている。


容赦ないふるい落としにより卒業到達人数が一桁という超絶エリート校、それが数々の世界的なシェフを卒業生として輩出してきた遠月学園だった。そこは料理が全ての世界。料理の実力があれば優遇され、なければあっけなく退学となる。生徒間トラブルの解決にさえ料理が用いられ、「食戟」という料理バトルが日々執り行われていた。
食戟とは、生徒同士の対立の際、料理の実力をもって強制的に相手を黙らせることができる制度である。単純に「どちらの品が美味いか」という公式の料理バトルであるが、そのバトルは学園によって厳重に管理されており、その勝負における物事・物品などの賭けは学園側の責任で必ず清算される。賭け金として提示する物事は、どんなものでもお互いが同意さえすれば食戟は許可され、重いものは「退学」を賭けたものから、「串打ちのコツを教えてくれ」といった軽い約束に至るまで、様々である。時と場所を問わず、お互いの同意さえあれば賭け金さえ問わない食戟は学園で日常的に行われており、幸平も様々な食戟に巻き込まれていく。

『食戟のソーマ』の名言・名セリフ

御粗末!

自分の出した料理が高評価を得たときの、創真の決め台詞である。「ごちそうさま」に対する「おそまつさま」を表す。
自分の作った料理を美味しそうに食べてくれて喜んでいる様子が伝わる、エネルギッシュなセリフ。

俺は料理人っすよ? 厨房から逃げ出してたまるかよっ!

田所の退学を賭けて、幸平は四宮と食戟をすることになった。卒業済みの四宮は学園のルールは適応されないため、同じく卒業生として宿泊研修によばれていた堂島が「非公式の食戟」を取り仕切ることになった。しかしそこで堂島が幸平に出した条件は、「田所がメインで料理し、幸平はサポートのみに徹すること」だった。食戟を仕掛けたのは幸平だが、田所が自分で実力を示さないと意味が無く、不合格を取り消すには至らないという理由からだった。
それが嫌ならこの勝負から降りろ、と言う堂島に向かって放った幸平のセリフ。料理人としてのプライドが伝わるセリフである。

でも… 失敗したっていう「経験」は得た。

宿泊研修二日目、一般人の老若男女を大量に審査員として呼び、その人達にビュッフェ形式で料理を提供するテストが行われる。彼らは自由に食べたいものを食べるが、生徒達は時間内に二百食提供を達成しないと退学になる。
幸平はスフレオムレツを作ることに決めて臨んだが、スフレの独特な食感とフワフワな外観は時間が経てば台無しになってしまうため、調理後すぐに食べる必要がある。ビュッフェでは出した料理がいつ食べられるかは客の匙加減であり、それを失念していた幸平のスフレオムレツはほとんど手に取られないまま次々ダメになっていった。

遂に来たね…田所ちゃん。小さな小さな君の庭から、羽ばたく日だ。

田所は中等部から成績が悪く、高等部進学の折も最下位成績だった。授業では緊張してしまい実力を出し切れない故のその成績だった。
そんな田所だったが、高等部で幸平と出会い、あらゆる経験を経て、ついには秋の選抜と呼ばれる一年生の料理大会の選抜選手として選ばれるまでに至っていた。そしてやってきた大会当日、田所はそれまでの自分を乗り越え、完全に開花する。実力を出し切った田所は、何十人もの選手の中から選ばれた上位四名の中に入るほどだった。


そんな大会の様子を見ていた、田所や幸平と同じ寮に住む先輩、一色のセリフ。実力はあるし努力もしているのにあがり症故に報われない田所をずっと見て来た一色の喜びが分かる。続けて来た努力は裏切らないものであると、読者に希望を与えるシーンである。

料理とは果て無き荒野そのものである。美味さも不味さも数限りなく点在する荒野、その地平線の彼方まで俺は歩いて行きたいと思っている……!

幸平はかつてない組み合わせの調理による、ゲテモノ料理を作るのが趣味だった。
「炙りゲソのピーナッツバター和え」という非常に不味い料理を作り、そのあまりの不味さに、それを食べた同級生の倉瀬を悶絶させてしまった幸平の言い訳である。
幸平は常識にとらわれない発想からくる、調理方法や食材の組み合わせのアイデアが武器である。時に駄菓子を料理に組み込んだりしていて、しかもそれが美味なのだ。文だけ見れば「料理には無限の可能性がある」という信念を表した名言ではあるのだが、その失敗作としてできたゲテモノを嬉々として他人に食べさせたがる幸平の性癖を思えば、被害者にとってはやはりただの言い訳である。

今日…アンタに勝って、得るものぜんぶ、俺の血肉にして帰るよ。

秋の選抜の予選を勝ち抜いた幸平は、本選トーナメントに進む。その第一回戦の相手、薙切アリスは、学園総帥であり食の魔王と呼ばれる薙切仙左衛門の孫娘で、優勝候補筆頭だった。そんなアリスが相手だと知っても幸平は怯まず、このセリフを言う。
料理人としての自信と執念、向上心などが見えるセリフである。

諸君の99%は、1%の玉を磨くための、捨て石である。無能と凡夫は容赦なく切り捨てられる。千人の1年生が進級する頃には百人になり、卒業まで辿り着く者を数えるには、片手を使えば足りるだろう。その一握りの料理人に君が、君が成るのだ!

遠月学園の高等部へ進学した新一年生の始業式にて、学園総帥の薙切仙左衛門のセリフ。その内容は生徒達に対しまるで容赦がない。遠月学園が厳しいエリート学校であることを表すには十分すぎるセリフである。

可哀想だよお前…。料理をする本物の喜びを、お前は知らない。

美作は高等部一年生にして、百もの食戟を経験してきた男である。しかし美作は自分の料理は作らず、「相手の作ろうとしている料理を食戟当日までに調べ上げ、同じ品を作る」ということを繰り返していた。相手と同じ料理に少しだけアレンジを加えることで、相手を一歩だけ上回る、そんな勝ち方をしてきた美作が次に目を付けたのが幸平だった。
部屋にやってきて「食戟をしよう」と提案する美作に、幸平が言ったセリフ。
料理人としての誇りなど無く、ただ食戟に勝つためだけの戦いを繰り返すことの何が楽しいのか。料理という行いに対する幸平の想いが分かる。

この学園のことは正直、踏み台としか思ってないです。

高等部へ編入した後、始業式にて、編入生代表の挨拶として幸平が壇上で宣言した。
仮にも世界屈指の料理学校のエリートたちを前に、この堂々たる姿勢である。自分は実家の定食屋で十二年間切り盛りしてきたプロの料理人であり、現場に立ったこともない学生に負ける気などさらさらない、と幸平の自信とプライドが嫌と言うほど滲み出るセリフである。

じゃあ、お前に負けたら料理人やめるわ。料理人、やめるよ。

美作は食戟で負かした相手から、その相手が使う調理道具、すなわち同時に料理人の「誇り」を奪うことを趣味としていた。これまで約百本奪って来た包丁の中には、食戟相手が母親から譲り受けた形見だという包丁もあるという。同じように幸平にも出刃包丁を賭けさせようとした美作に、対する幸平は、美作が奪ってきた包丁百本全てを要求する。それでは釣り合わないから同意できないと反論する美作だったが、幸平は「負けたら料理人やめる」と宣言した。
料理人の誇りが無いどころか他人の誇りを踏みにじるような戦いをしてきた、美作に対する怒りの程が窺い知れる。

俺らは学生である前に…料理人なんだよな。料理は何が何でも出す! 手伝えっ!

幸平が出た最初の授業は、二人一組で指定のフランス料理を時間内に提出する、テストのようなものだった。しかし、幸平は編入生代表の挨拶で多くの人間から怒りを買っており、この授業のメンバーも例外じゃない。何者かの悪意により鍋に胡椒がぶちまけられていて、鍋で煮込んでいた肉が台無しにされていた。
残り時間もわずかで、再び肉を煮込み直す時間も無い。ペアの田所は絶望に暮れるが、幸平がそんな田所に言ったセリフ。この後、はちみつが肉を柔らかくするという性質を利用して、少ない煮込み時間で肉を柔らかくし、時間内に料理を完成させた。


客からしたら店のトラブルなんか知ったことじゃない。料理人は料理を出せない言い訳はできず、ちゃんと料理を提供する責任がある。そんなプロとしての気概が分かる。

食材の値段だけで喜んでちゃ、料理人の名折れだと思うぜ。

創真が「丼物研究会」へ部活見学へ行くと、まさにそこで丼研の廃部を賭けた食戟が勃発しようとしていた。
気に入らない部活を数々廃部に追い込んできた、一年生のトップである薙切えりなが次に目を付けたのが丼研だった。えりなから送り込まれた刺客である水戸は、ミートマスターと呼ばれるほど肉への造詣が深い。水戸が丼研部長に向かって「あんたがどんな品を作ろうと、あたしの超高級肉には勝てない」と挑発しているところへ、創真が割り込んで言ったセリフである。
食材の値段だけで味の良し悪しが決まるのであれば、料理人なんか必要がなくなってしまう。創真のプロとしての誇りが見て取れる。

食戟であんたを負かしたら、田所の退学、取り消してくんないすか?

遠月学園一年生の春に行われる宿泊研修は、連日あらゆるテストが行われ基準点に達しない者は容赦なく退学になっていく厳しい合宿だった。
各テストの審査員として世界を股にかけるシェフたち、遠月学園の歴代卒業生があてがわれていた。未だ二十代にして日本人初の仏プルスポール勲章を受章する偉業を達成した卒業生、四宮が受け持ったテストの教室に、幸平と田所が割り振られる。「指定のフランス料理を基準以上の完成度に仕上げなければ退学」というもので、そこで田所が、四宮に不合格の烙印を押されてしまった。


調理に取り掛かるべく良い食材を選定していた田所だったが、カリフラワーが傷み始めていて色が悪いものしか残っておらず、漂白作用のあるワインビネガーを追加することでそれをフォローし、むしろその酸味がマッチしていて完成度は高まったと言えていた。しかしこの料理は四宮オリジナルのレシピであり、勝手に工程を変更するのは許されないと四宮は主張する。そこに「納得いかない」と幸平が割り込んでいき、何を言っても聞く耳を持たない四宮に激昂した幸平が言ったセリフ。世界で活躍する四宮に対するその申し出は、敵がどんなに強大だろうと挑戦をいとわない幸平の強さと、田所のために身を切る幸平の優しさが垣間見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です