ドコモ、料金値下げ!?本格稼働か?

ドコモ 携帯料金値下げへ - Yahoo!ニュース

 NTTドコモが携帯電話料金の新たな値下げを打ち出す事が30日、分かった。

料金体系を再検討て主力ブランドでの値下げに踏み切るとともに、格安ブランドも創設する。

事前に割安構想を公表したKDDIとソフトバンクよりも低金額な計画を準備する見通しだ。

 ドコモは格安ブランドを通じ、データ通信量20ギガバイトで月額3000円前後の構想を軸に吟味している。

KDDIとソフトバンクは各々の格安ブランドで、20ギガバイトの構想を4000円前後で供給する計画だ。

ドコモは主力ブランドについて、現時点で固定料金の大容量構想を中心に、使ったデータ料に応じて課金する体系に改める事で、料金を引き下げる。

ドコモが2019年に料金を2~4割値下げへ 吉澤社長「分離プランを軸に検討」 - ITmedia Mobile

月1000円値下げで年6000億円減、ドコモを縛る呪縛

 NTTドコモが携帯電話料金の新たな値下げを打ち出す事が30日、分かった。

料金体系を再検討て主力ブランドでの値下げに踏み切るとともに、格安ブランドも創設する。

事前に割安構想を公表したKDDIとソフトバンクよりも低金額な計画を準備する見通しだ。

 ドコモは格安ブランドを通じ、データ通信量20ギガバイトで月額3000円前後の構想を軸に吟味している。

KDDIとソフトバンクは各々の格安ブランドで、20ギガバイトの構想を4000円前後で供給する計画だ。

ドコモは主力ブランドについて、現時点で固定料金の大容量構想を中心に、使ったデータ料に応じて課金する体系に改める事で、料金を引き下げる。

活用者にとって月1000円程度の値下げでは、料金の負担が減ったという体感は全く得られない。

携帯料金として月7000円程度を支払っている使用者が多々あるなか、月1000円では1割強の値下げにとどまる。

菅氏が指摘する「4割値下げ」の水準は、NTTドコモの経営視点で見ると極めて高いハードルだった。

 2018年8月に菅官房長官(その頃)が「携帯巨大資本の携帯料金は、四割程度引き下げる余地がある」と発言し、官製値下げ議論が巻き起こった瞬間も「最悪」(NTTドコモ幹部)だった。

NTTドコモは2018年10月末の中間決算で、中期経営計画を発表する計画だったからだ。

 ドコモは吉沢和弘社長が2016年に社長に就任して以来、初めて中期経営計画の数値目標を示す晴れの舞台にしようと下拵えをしてきた。

そこに降って湧いてきた官製値下げ。

国民の関心が高まっている以上、値下げに関連するどこかに解答を中期経営計画に盛り込む事は、避けられない情勢だった。

内と外からと重圧がのしかかるなか、NTTドコモは改めて、活用者がなぜ携帯料金に残念を持つのか、料金を高いと感じる訳は何かを問い直した。

他にも「現況の料金計画の色々な反省点が見えてきた」(NTTドコモ幹部)という。

 反省点として真っ先に見えたのは、料金構想や割引が複雑化し、使用者が何にどんだけ支払っているのか理解しにくくなっていた点だ。

2018年その頃、同社が用意していた料金構想は「カケホーダイ&パケあえる」だ。

3種類の音声元計画と数種類のデータ通信計画から適したメニューを取り合わせて使用するという形態だった。

 データ通信構想は、世帯でデータ容量を共有可能なメニューを主力にしていた。

世帯活用が多々ある同社カスタマーのニーズに応え、身内でデータ容量を融通しあえるという良いところを訴求した。

だがその半面、個人でどれくらいのデータ容量を利用し、料金を支払っているのかを体感しにくい悪い面があった。

カケホーダイ&パケあえるはサービス開始から四年が経過し、使用者のニーズに応えたり競争対抗したりする事で、複雑化したという事情もあった。

同じ計画なのに通信料金が異なる 「月々アフターケア」と呼ぶ端末ショッピング補助も、料金を理解いただけにくくしている要因の一つだった。

月々アフターケアとは、ショッピングした端末ごとに最大限24カ月間にわたって通信料金を割り引く施策だ。

購買端末の種類ごとに割引額に差があり、同じ構想なのに通信料金が異なるという複雑な状況を生んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です