福田沙紀と櫻井翔!なぜジャニーズの逆鱗に触れてしまったのか?

福田といえば、デビューと同時に様々な作品に出演し、事務所の猛プッシュという追い風を背中に受け、将来を嘱望される“オスカー期待の星”だった。

“干され女優”福田沙紀はなぜジャニーズの逆鱗に触れてしまったのか?

「ジュリー(藤島景子)さんは『うちの櫻井(翔・38)主演の映画で何をやってくれているの!』と大激怒していました。

この頃、嵐は松本潤さん(37)が『花より男子』(TBS系)でブレイクし、同作の季節2も大人気となり、各々の主題歌『WISH』と『Lovesosweet』が大ヒット。

嵐はまだ紅白歌合戦に出場する前で、テレビでは冠番組の『VS嵐』(フジテレビ系)が始動したばかりでした。

嵐はまだその足もとにも及ばなかった。

テレビ業界では“(SMAPのチーフマネジャーだった)飯島三智さんのご時世”が続いていた。

創業家屋の跡継ぎでありながらヒットに恵まれていなかったジュリーさんは一矢報いるために、嵐に力を入れていた。

 2007〜2008年というのはそのような時分でした。

そのような事例に、“あの子”はジュリーさんの逆鱗に触れてしまったのです」(ジャニーズ結びつき者) ここで言われている“あの子”というのは、去る8月31日、オスカープロモーションからの退社をリリースした女優・福田沙紀(29)の事である。

「櫻の園」に主演した時、福田沙紀はまだ18歳だった。

左は共演の杏 ©時事通信社16年在籍したオスカーを退社 福田は今度のオスカー退社にあたり、自分のインスタグラムにこう綴った。

〈この度、2004年からお世話になりました株式会社オスカープロモーションを退社致します。

2004年のデビューから諸々な経験をさせて頂き豊富にの事を学ばせていただきました。

古賀会長をはじめとするオスカープロモーションのオフィスの皆様には現実に感謝しかないのです。

現実にありがとうございました。

また、いつもエールしてくださる皆様へ改めて感謝を申し上げます。

今後もお芝居に、真っ直ぐに。

引き続き、精進して参りたいと考えますので激励よろしくお願い致します。

“オフィス総出”でのゴリ押し映画でつまずいた 

オフィスの見込みにこたえ、スターへの階段を順調に駆け上がっていった福田。

バラエティでも「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)に出演し、明るく元気なおバカキャラでブームを博した。

だが、デビュー4年目、まだ18歳だった2008年に主演を務めた映画「櫻の園」で、本人も作品も大クラッシュしてしまった。

「『櫻の園』は、その頃のオスカー社長だった古賀誠一氏(現会長)自らが『制作総指揮』の立場に座り、オスカーが全社をあげて制作した作品です。

とにもかくにも力の入った作品だった。

出演女優も、武井咲(26)やスペシャル出演枠で米倉涼子(45)、菊川怜(42)、上戸彩など、オフィスのカンバン女優がずらずらと名を連ねた。

まさしく“オフィス総出”でのゴリ押しでした。

しかし、興行収入は公開から28日間の速報でわずか3900万円ほどと、空前の大コケ作品となってしまった。150館規模で公開をしてしまったので、各映画館のフィルム代も賄えないくらいの大赤字になりました。映画館の中には、オープン以来最低の数字だったという映画館もありました。それによって福田さんは業界的に“大コケ女優”の烙印を押されてしまったのです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です