防止!緊急避妊薬を薬局で購入可能に! 来年にも、望まない妊娠防ぐ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響で、実際問題となっているのが若年層の「望まない懐妊」だ。

「赤ちゃんポスト」を据え付けしている病院では、4月に10代から寄せられた懐妊に関連する折衝が、過去10年で最も多々ある592件に上った。

休校になった事で、父母の目が行き届かない時が増大した事が影響しているとみられている。

政府は7日、性交直後の服用で懐妊を防ぐ「緊急避妊薬」について、ドクターの処方箋がなくても薬局で購買可能なようにする方針を固めた。

性暴力を含め、望まない懐妊を防ぐ意識し。

性犯罪のトラブル者や、若者を支援する団体などから処方箋を無用とし、非常時に造作なくに手に入れる可能なよう求めるお願いが出ていた。

2021年にも導入する。

 緊急避妊薬は、性交後72時以内に服用する事で懐妊を高確率で避けられる。

直近では原則、ドクターの診察を受けて処方箋をもらわなければ手に入れるできない。

ヨーロッパやアジアなど世の中86カ国ではドクターの診察なしで買い物する事ができ、日本は国際的な遅れが指摘されていた。

アフターピルを処方してもらうには?100%避妊できるの?副作用や費用について、医師が解説します。

アフターピルを飲めば100%避妊をするということは可能なのでしょうか。

アフターピルについて知っておきたいという方のために、アフターピルとはどういった薬なのかをご紹介します。

アフターピル(緊急避妊薬)って何?100%避妊可能なの?アフターピルとは緊急避妊薬とも言い黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を主成分とする薬剤で、日本では2011年に認可されて医療組織で処方する事が可能なようになったお薬です。

「避妊せずに行なわれた性交または避妊したものの避妊手段が適切かつ十分でなかった性交の後に、緊急避難的に服用する避妊薬」と定義されており、性交後にとられる手段である事から、「最後の避妊手段」とも呼ばれています。

モーニングアフターピルという呼び方もあり、聞いた事があるという方もいるのではないでしょうか。

続いて、アフターピルの作用機序について解説します。

排卵前の卵胞期に使用する事によって正常な排卵を抑制する事が分かっており、約80%の女子が5日間以上避妊成果が続き、アフターピルを内服してから5〜7日間は排卵がなくなります。

この期間の間に性器内に侵入しているすべての精子が受精器量を失うため、懐妊を成立させないという影響が見られるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です