【速報】菅自民新総裁!!今後の方針は!?菅氏優勢「大胆に規制改革」

安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選は14日午後、東京都内で開かれる両院議員総会で、国会議員と、都道府県連の代表各3人による投票が行われ、即日開票される。

安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選は14日午後、東京都内の宿泊施設で開かれる両院議員総会で、国会議員と、都道府県連の代表各3人による投票が行われ、即日開票される。

菅義偉官房長官(71)が国会議員票、都道府県連票ともに優勢で、岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)を降し、第26代総裁に選出される見通しだ。

菅氏「平常心」

菅氏は14日午前、国会内のオフィスで記者団に「(この日を)平常心で迎えた」と述べ、「地方の事をよく知っているという事が私の想像以上に習得いただけている」と手応えを語った。

石破氏「大勢の支えで」

石破氏は東京都内で「大勢の方の支えで訴えを続けられた。
これを日本のために生かしたい」と述べた。

岸田氏「最後まで全力

岸田氏は党本部で「選挙は投票箱が閉まるまでだ。
最後まで全力で努力する」と語った。

15日に党役員人事を行い、翌16日召集の臨時国会で第99代首相に選出される。
同日中に新内閣を発足させる予定だ。

 総裁選は国会議員票394票(1人1票、衆参両院議長除く)と都道府県連票141票(各3票)の計535票で争われる。

44都府県連が予備選を行い、36府県がドント方式で、7都県が総取り方式で3票を配分する。

奈良県連は1位に2票、2位に1票を与える。

予備選を行わない3道県は党員質問などをポイントに投票する。

国会議員と都道府県連の代表は新型コロナウイルス対策のため都内の宿泊施設に特設された会場で投票する。

 菅氏は党内7派閥中5派閥と局所の無派閥議員の支持を受け、選挙戦を優位に展開してきた。

毎日新聞の情勢チェックでは、国会議員票の約7割を固め300票に届く勢い。

都道府県連票も80票を超える見通しで、全部得票も7割をうかがう。

 岸田氏は岸田派(47人)と局所の谷垣グループの支持を受け、国会議員票の1割強を固めたが、地方票で伸び悩む。

石破氏は国会議員票の入手に苦戦しており、都道府県連票で支持を伸ばせるかが焦点となる。

 総裁選は普通、国会議員票と同数の党員票で争われるが、今度は安倍首相の突然の辞任表明を受け、党員投票を省略し都道府県連票に代替する簡略方式で行う。

新総裁の任期は安倍首相の残り任期を引き継ぎ、来年9月末まで。

2012年12月から続いた安倍内閣は16日に総辞職し、約8年ぶりに首相が交代する。

結果

菅官房長官

自民党総裁選、菅氏の新総裁選出が確実に|TBS NEWS

自民党総裁選で優位に立つ菅義偉官房長官は13日のフジテレビ番組で、政府が政策を決めた後も反対する官僚は異動させる方針を示した。「私ども(政治家は)選挙で選ばれている。何をやるという方向を決定したのに、反対するのであれば異動してもらう」と述べた。
 内閣人事局の在り方について、菅氏は見直す考えが「ない」と明言。同局は、中央省庁の幹部人事を一元的に扱い、政治主導の象徴とされる一方、官僚の忖度(そんたく)につながっているとの指摘もある。

◇自民党総裁選の主な流れ

14:35各都道府県連の代表が投票 国会議員の投票が終わった。
続いて同じ投票箱に、各都道府県連の代表が票を投じている。

14:20菅氏、二階幹事長に一礼 石破茂氏、岸田文雄氏に続き、菅義偉氏が壇上で投票した。
菅氏は登壇前、二階俊博幹事長に一礼した。

14:05国会議員が投票開始 自民党総裁選の国会議員の投票が始まった。
衆院、参院の順に、各々50音順に名前が呼ばれ、安倍晋三首相も投票に臨んだ。

14:00秋田・湯沢でパブリックビューイング 菅義偉氏の出身地、秋田県湯沢市では、総裁選のパブリックビューイング(PV)が始まった。
市民や後援会会員ら約100人が集まり、投票の行く末を見守っている。

14:00両院議員総会始まる 自民党の新総裁をチョイスする両院議員総会が、東京都内の宿泊施設で始まった。尾辻秀久・両院議員総会長が開会を宣言した。

新総裁選出終了後
臨時の役員会・役員連絡会合同会議、
総務会を開催午後6時
党本部で新総裁が記者会見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です