トランプ大統領激怒、バイデン氏SNSに…動画で波紋

大統領選挙に向けて最後の直接対決となるテレビ討論が行われました。今回は比較的、穏やかに進みましたが、この討論会の前に、SNSにアップされたトランプ大統領の動画が波紋を広げています。

SNSに…トランプ氏“激怒”動画で波紋

(ブルームバーグ):トランプ米大統領と同氏を支持する局所議員らは、民主党の大統領選候補ジョー・バイデン前副大統領および息子ハンター氏とウクライナのエネルギー企業を関連づけたニューヨーク・ポスト紙の投稿の拡散をフェイスブックとツイッターが14日に制限した事に強く反発した。

この法人はトランプ大統領の弾劾チェックで取り沙汰された。

フェイスブックは事実見定め担当者がテキストの信ぴょう性を参考にする機会を得る前に拡散されるのを食い止めるため、文章の流通を減らす方針を示した。

ツイッターはこのテキストをクリックした人向けに警告を挿入した。

同社はその後、個人情報やハッキングされた資料についての社内ルールに反した中身がテキスト写真の局所に内蔵されていたため、文章へのリンクを阻止する措置を講じたと解説した。

トランプ大統領はアイオワ州での集会に向かう中、「スリーピー・ジョー・バイデンと息子ハンターに関連する『決定的な証拠』となる電子メールについての@NYPostの文章をフェイスブックとツイッターが削除したのは相当ひどい」とツイート。

「腐敗した政治家屋ほど悪いものはない。

米通信品位法第230条を廃止せよ!!!」と続けた。

大統領が言及した米通信品位法第230条は技術会社がプラットフォーム上にユーザーから投稿されるコンテンツを巡って提訴されるのを防ぐ条項。

トランプ大統領はアイオワ州の州都デモインで開いた集会で、このテキストを利用しバイデン親子を他にも攻撃した。

そして、共和党のテッド・クルーズ上院議員(テキサス州)も、両社が「検閲」していると非難。

クルーズ議員はフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責務者(CEO)とツイッターのジャック・ドーシーCEOに宛てた書簡で、彼らが大統領選に影響を及ぼそうとしていると批判した事を議員オフィスは声明で明らかにした。

フェイスブックとツイッターにトランプ大統領のツイートやクルーズ議員の書簡について取材を試みたが、現在までのところ返答はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です